2004年12月14日

じわじわ復調

土曜はキタでリポD(謎)、日曜は祖父の17回忌法事で何か疲れてますナヲマですぐべ。
何とかPCもノロノロと動いてめでたしめでたしです。

ネット落ちしてた間は、先日の日記でも書いた様に、読書は勿論、タイ語学習と
数ヶ月ぶりのアナログ原稿描きをしておりました。
原稿はもうペンが走らなくてボロボロでごわした……。

原稿といえば、来年1月の大阪シティ、またしても取り忘れました(死)
何で年始っていつも忘れるんでしょ。(前科アリマクリ)
自分のダメダメ人生を暗示してますな。


さておき、本はS・キングの短編集は読了して、前から読みたかった「骨の袋」読み進め中。上下巻。
上下巻といえば、宮部みゆきの時代小説「ぼんくら」の続編、「日暮らし」も上下巻構成でしたな。
これも次読まなきゃ。

それから、実はハリポタUK版の5巻、頓挫中。展開が平坦なので、途中でダルくなっちった。
夏ごろ、邦訳版が出るまでに読了しよう!と意気込んでたにも関わらず(汗)
また気力が湧いたら再開しようかと。



タイ語は、動詞をボチボチ覚え中。
例文と併せて覚えてるんですが、先日その例文に出てきた「デパート」の単語
[haang sappha sinkhaa]を辞書で引いてみたところ、
頭の1文字のみですが、発音表記もモロ間違えとりました。


辞書に誤植なんて、あるまじき事ですYO。


しかも初版じゃありません。4版目。誰も気づかんのか。

こんな所からも、いかにタイ語が日本では学習対象としてマイナーな言語かが伺えます(涙)
後でこの辞書の出版元にクレームつけてやろうかしら。
しかしコレ1個だけじゃなかったらイヤだなぁ…。

話を戻して。
タイ語って、単語の作りなんか、結構わかりやすいです。
先程の「デパート」→[haang sappha sinkhaa]を例に挙げると、

[haang]→「会社、大きな商店」
[sappha]→「全ての、全部の」
[sinkhaaa]→「商品、品物」

に分解できます。

大体の単語は、細かい単語を組み合わせて作られとります。

日本語の「百貨店」と順番は違うけど似てますね。
文法なんかも、英語と違って結構決まり事が少なくて気楽な感じ。
動詞に時制が無いってのが素敵(笑)
でも、一番の難関はやっぱ、発音だなやー。
声調がムズイのー!コレさえクリアできれば何とかなる……かなー(汗)



むむむ。ガンバロ……。
【関連する記事】
posted by ナヲマ at 20:20| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この辞書たいまい出して買おうとおもっていたんだけど、やめようかしら(汗)・・・。
でも他にいいタイ語の辞書ってないのよね・・・。
辞書再版するのにかかるお金って家一軒立っちゃうぐらいって聞きますよ(英語の辞書で)タイ語だったら豪邸立っちゃうかもしれないわ(爆)。
四回目で気がつかないつーのは、使ってる人たちも『いつものことじゃろー』と諦めの域かもしれませぬぜ・・・ふ〜。
Posted by HAYATE at 2004年12月31日 15:55
一応、この辞書が他のに比べて評価高そうだったので買ったのですが……。
正直活かしきれてないカンジです(^^;)
まず、タイ語は音で辞書を引きづらい所が非常に痛いです。
[kh]と[ch]の子音だけで3種類もあります。
[th]だけで5種類。その他同じ発音で重複する子音だらけです。
なので、文章から判らない単語を拾うのは難なく出来ても、
会話で判らない単語を引こうと思ったら、恐ろしいことになります。
ほんまに何つー言語でしょう…。

ひゃー!辞書発行するのって、やっぱり物凄いお金かかるんですね。
確かに労力も半端なさそうですし……。

や、百貨店の単語は、どうも間違っていないかも…という疑惑が(汗)
タイ人に直接聞いて確かめたいです(>_<;)
しかし、日本人の作った辞書だけに何とも信用しづらい面も有ったりします。
とりあえず、タイ-日・日-タイが合わさってるので
便利かなー…くらいです。例文が皆無ですし(号泣)
Posted by ナヲマ at 2005年01月07日 01:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1294168

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。