2005年09月15日

猫介護

加山雄三がゲーマーと知ってオドロキのナヲマですマージェー!?
バイオハザード全シリーズやらFFオンラインプレイしてたり
コンシューマばっかですが中々侮れない感じです…。

さて、あれから相変わらず猫の介護をしています。
今はパラボラアンテナことエリザベスカラーも外れ、腹巻も外れ、
傷も随分と良くなりました。

途中エサを全然食べずに脱水症状になったりもしましたが、
インド人さながら手で直接口にねじ込んだりした甲斐もあってか、
自分で食べられるまでに回復しました。

それと毎日オムツ交換。
上から下までお世話させて頂いております。
猫介護士っつー資格があればなれそうな気が………しません。

だって、言葉通じないもん(泣)

あーーー。また呼んでるよーーー。今度は何〜〜〜〜〜?
(すっかり下僕)



熟睡中の華(はな)様。

怖っ!

目はちゃんと閉じて寝てください……。


そうそう、猫つながりで先日『きょうの猫村さん』を読みました。
何つーか、脱力系(笑)
posted by ナヲマ at 20:26| バンコク ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
華さん順調に回復のようでなによりです。
前回書き込んだ飼ってた猫の死について語りたいのですが、長いんですよ。
いいですか?ちょっと感動ストーリーです。
Posted by DirtyBear at 2005年09月15日 22:49
おおお!レス遅くなってスミマセン〜(汗)
飼い猫さんの亡くなられた時のお話、ゼヒお聞かせ下さい!!
とても気になります〜〜〜。
長くても全然オッケイですよー(^^)
Posted by ナヲマ at 2005年09月19日 01:34
猫が死ぬときは姿を消すなんて言いますが・・・

20年程前のことです。
母子家庭だった俺は寂しさもあり、母に頼んで猫を飼ってもらうことにしました。
貰ってきた猫は雑種でしたが、生後半年ほどの艶々の黒短毛長尾♂の猫でした。名前は「タロウ」とつけました。
当時は団地の5階に住んでいて、玄関の外の階段へ出ても、恐がって動けなくなるほどの臆病者でした。
3年ほどして母が再婚し、一軒家に移り住むことになりました。そうしたらタロウ君、野生の血が騒ぎ出したのか外へ出かけるようになったんです。
外へ出るのが遅かったせいか、いつも他の猫と喧嘩しては負けているようで、傷だらけでした。
しかし、しぶとく頑張っているようで、タロウそっくりの子猫を見かけるようになりました。
野良猫が増えるのもなんなので、去勢しようかなんて考えていたある日・・・・・
いつものように、傷を作って帰ってきたタロウ。
しかし、元気がないんですよ。よほどこっぴどくやられたかなーなんて思っていました。
で、いつものように俺の勉強机で丸くなります。
勉強している最中だったので、これまたいつものように「邪魔だよー」なんて言いながらどかす俺。
いつもなら、これでベットなんかに移動して寝ているのですが、その日はやけに甘えてくるんですよ。「だから、勉強中だってばー」なんて言いながらもう一度どかすと・・・・
足の乗っかっていた教科書に血がべっとり!
えっ!と思ってよく見てみたら、骨が見えるほどの大怪我でした。
急いで病院に連れて行きました。そして入院。
取り合えずその日は帰って、翌日学校へ・・・
帰ってきたら、そこには冷たくなったタロウがいました。
原因は、車に轢かれたらしく、内臓破裂でした。
手遅れだったそうです。

そんな大怪我でも、帰ってきてくれた事に感謝です。

たまに轢かれた動物を見かけますが、その度にタロウのことを思い出します。
Posted by DirtyBear at 2005年09月19日 20:54
うわぁああああん(つД`)゜。・+.
メチャクチャ健気で切ないですーーー!!!
猫は良く冷たいとかなつかないとか誤解されがちですが、
そんな事ありませんよね!?
ああ、つらいですが素敵なお話ですね…(涙)
タロウちゃんのご冥福を心からお祈り致します(-人-)

ウチの黒猫・龍♂も、病気で死ぬ寸前、内臓が機能していなくて
食べたモノが消化できずに体内で腐っていた液体を吐瀉したんです。
が、床を汚すまいと気遣ったのか、自ら風呂場へ行きました…。
そこで息を引き取ったんですが…。

何だかとっても切ない気持ちですが、同時に
猫って愛すべき動物だなぁと改めて思います。

タロウちゃんも、不幸な事故に遭ってしまいましたが、
DirtyBearさんの心の中でずっと生き続けることが出来て幸せだと思います。
Posted by ナヲマ at 2005年09月19日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。